アメリカのワキ毛カラーが凄い!

アメリカでは今なんかワキ毛のカラーリンクが流行っているそうですね。これを流行らせたのはシアトルの美容室で働いているロクシー・ハントって人らしいんですが、彼女凄いことしましたよね。恐らくここまで流行るとは思ってもみなかったでしょうね。

日本では脱毛とかはもはや身だしなみの一つで、ワキ毛が剃られている状態が普通で、脱毛していない人なんかは非常に評価が低いですね。怠惰の烙印を押されてしまいますし、何といっても男性からドン引きされてしまいます。実際女性のワキには毛が生えないと思っている男性も中にはいるみたいなので、そういう人が自分の彼女とかのワキにムダ毛が生えていてチクチクとかしていたら恐らく幻滅ですよね。

なので、こういったワキ毛カラーみたいなのが日本で流行ることはほぼ確実にありえないことだとは思うんですが、こういった革命を起こせるっていうのはなかなか凄いですよね。アメリカならではのできごとって感じではないでしょうか?

海外ではこれからワキ毛を脱毛する人が少なくなっていくような流れがこういった流行りを見ていると思いますが、日本は携帯でもしかりガラパゴスなので、やはり独自の価値観が一度根付いたら相当大きなムーブメントが起きない限りワキ毛を剃る風習とかって変わらなそうです。

フラッシュ脱毛のメカニズムってどんな感じなの?

フラッシュ脱毛というのは脱毛サロンに行っていれば絶対知っていう施術方法だと思うのですが、このフラッシュ脱毛っていうのは今脱毛サロンで主流で行われている施術です。昔は針で脱毛するっていうニードル脱毛なんていうものもありましたが、これはかなり高難易度で危険ということで法律によって禁止されました。という訳で現在は光を使ってムダ毛処理するフラッシュ脱毛オンリーです。

でも通っている人も何となく受けているって人が多いですが、この施術方法ってそもそもどんなメカニズムで脱毛を進めていくのでしょうか?簡単に説明すると、毛を作る製造元である毛母細胞っていう細胞を熱によって破壊することで完了する施術方法です。でもなんで光を当てるだけでこういったことが可能になるんでしょうか?

これは毛の黒いことと密接に関わってくるんですが、結局光っていうのは今までの経験でもご存知の通り、黒い光を吸収します。吸収された光エネルギーは熱エネルギーに転換します。

その熱が結局毛根周囲にある毛母細胞に間接的に伝わることで周囲の細胞を破壊していく訳です。よく冷却ジェルとかを使って脱毛する理由は熱の吸収をしすぎることで温度が上昇しやけどするのを防ぐためなんですよね!

こうして結果的に毛母細胞を壊して毛をつくらなくさせるっていうことになります。ただ、一回じゃとても壊しきれません。なので繰り返し繰り返し通って毛母細胞を壊していく訳なんですよね。

子供の脱毛って実際どうなんでしょうか。

今の時代って高校生とかも平気な顔して脱毛サロンに通う時代になってきました。昔では到底考えられない現象ですね。時代って進むものです。それはさておき、やはり世間的な脱毛へのニーズだったり、料金が非常に格安になったっていう流れからやっぱりどんどん脱毛サロンに通う人の年齢に関しても低年齢化していきています。

そしてこの流れを受けて、最近プランについに出来てしまったのがエピレなどの「キッズ脱毛」だったりしますよね。エピレのキッズ脱毛は実際7歳から脱毛できてしまうっていうコースのことで、結構人気のコースとなってきているみたいです。

でもそんな子供のときから脱毛サロンとかに通っちゃって本当に大丈夫?っていう声も中にはあると思うんです。しかしながら、これに関しては一応何の問題も原理的ないので、安心できる点かなってのは思います。ただし、子供が成長するにつれて毛根が新たに生まれれば、また脱毛しなきゃいけないって可能性も出て来たりしますので、この辺のリスクを考えた上で子供も脱毛サロンに通う選択をしたらいいのかなって思います。

彼氏に毛のことを指摘されたので横浜でしぶしぶ脱毛サロン選び・・。

私は横浜在住なのですけれども、最近横浜の脱毛サロンに通うようになりました。というのも理由は簡単で彼氏に「毛濃いね」この一言を言われたからに他なりません(涙)

実際私自身も多少昔から毛深いことは気にしていたのですが、面と向かって指摘されると私の不屈の精神も崩れ落ちるというか、これぐらいで折れてたら恐らく不屈って言わないのかもしれませんが、それで脱毛サロンに本格的に通おうって思ったんですよね。

って言っても横浜の脱毛サロンって色々調べてみたら本当に沢山あり過ぎるぐらいあって、一体どこを選んだら正解なのか良く分からないっていうか、まずは情報収集からかなぁって感じだったので、ネットを使って脱毛サロン情報をとにかく沢山集めることにしました。

結局のところは私は優柔不断なので、口コミとかで一番評価が高かった脱毛サロンを選べば確実かなぁっていうちょっと安易かもしれませんが、沢山の人が通ってみて実際良いって言ってるんだからその声を頼りに決めました♪

ちなみに参考にしたサイトなのですが「」←このサイトです!脱毛サロンの口コミが悪いところも良いところも実際書かれていて、更に良かった口コミと悪かった口コミも集計してくれていたので非常に有り難かったです!取り敢えず、なんしか彼氏に仕返し?するぞー!!

横浜で脱毛するならこのサロンとかって実際あるの?

脱毛サロンを決めるときに私自身もかなり真剣に選んで悩みました。本当に横浜っていう街にはこんなにも脱毛サロンがあるのかっていう程脱毛サロンが散乱しています。結局のところ沢山調べたんですけど、横浜の脱毛サロンランキングについて書かれているインターネットのサイトから申し込んだのですが、何しろ大変でしたよね。

それではサロンを選ぶときにどこが良いのか?っていう問題なのですが、ぶっちゃけた話、自分の納得するところにいくべきだと私は考えています。というのも人によって選ぶポイントとか、注意を払いたいポイントっていうのはさまざまで、友達が良いって言ってるからって自分にとっても良いとは必ずしも限りません。

それで安易に良いって言われて選んでしまって実際は合わず辞めていったりとか、モチベーションが高まらなかった経験って脱毛サロンに関わらずいままでの人生で結構ありましたからね。という訳で脱毛サロンを選ぶのであれば、自分の注目している箇所、ここは外せないなぁっていう点を列挙して、その項目をできるだけ満たしてあげるような脱毛サロンに通うのが一番ベストな判断なんじゃないでしょうか?

もちろん、口コミとかでも人気がある店っていうのは基本的にこういったニーズに応えられているから人気店であって皆通っていると思うので、もし結局のところ良く分からない・・ってなったらこういった人気の店舗を選ぶっていうのも一つですよね。

脱毛サロンを途中で辞めてしまわないように!

良く脱毛サロンに通っていたけど途中で通うのを辞めてしまった。何てことを言っている人がいます。でも始めはきっとキレイになりたかったでしょうに何で途中で辞めるなんてことになってしまったのでしょうか?

これに関してなのですが、恐らく色んなパターンがあるかと思います。思いますが、単純に考えると通う以上にデメリットが大きくなってしまった。というのが本当のところだと思います。私も現在は横浜に住んでいまして、横浜駅周辺には沢山の脱毛サロンがありますが、やっぱり周りの友人はほぼ全員に匹敵するぐらいどこかしらの脱毛サロンに通っていたりします。

しかし、中でも辞めてしまっている人っていうのはやっぱりデメリットの方が勝手しまっている人ですね。心理学でも痛みと快楽の法則ってのがあって、自分が嫌だと思うことっていうのは続かないっていう法則です。仕事とかでもそうですよね。

具体的に辞めてしまうパターンとしては、月額制のコースに通っていたけどあまりにも家が遠くて月に2回とか通うのが面倒くさくなってしまった場合だったりとか、痛くないと思っていたそのサロンの施術が以外に痛かったとか、サロンのスタッフが嫌だったとか、もっと良いところを知ってしまって通うのに気がそぞろになってしまったとかそういったパターンだと思います。

まぁ何にせよ、良く口コミとか行ったことがある人に話なんかを聞いて事前に回避できたらいいですよね。世の中なかなかそう上手くいく訳ではありませんけどね・・。

私が脱毛サロンに通うきっかけになった話。彼への挑戦。

今日は私が脱毛サロンに通うきっかけになったお話をします。

っていうのもそんなに深いエピソードがある訳でもないんですが、結局のところ私の好きな人に「毛ー濃いな、お前」みたいな一言を言われたからです。これはかなりショックです。分かりますよね?女性であれば、、好きな人にこういう台詞を言われてからと言うもの、頭の中には常に「毛が濃い毛が濃い」って言葉が宙をまっていて、何をするにも手をつけられない状態でした。おおげさですね笑

ただ、本当に手つかずだったので、これは彼のため?にも私のためにも脱毛を本格的にしないとなぁなんて思いが出て来たんですよね。それで、色々調べて横浜の脱毛サロンに通うことになりました。本当だったらワキとかお手軽な所から様子見って感じでやろうと考えていたんですけど、ことは緊急を要します笑。なので、もう全身脱毛に行きました。

おいおい思いきったな。。なんて思われるかもしれませんが、多分脱毛サロンを調べる前だったら私も私に同じような言葉を投げかけていたんだろうなって思います。でも、実際は脱毛サロンについて色々調べていくと、料金的にも一ヶ月換算して全身脱毛であっても1万円いかないぐらいでできちゃうし、正直原付バイクを買うぐらいの感覚で契約しました。

という訳で私は本気なので、彼をゲットするモチベーションでこれからガンバっていきます!あ、最後に横浜の脱毛サロンを口コミでランキングにしているサイトがあったので、これから脱毛サロンに通おっかなぁなんて思っている人のために一応載せておきます。横浜のランキングだったんですけど、全国にある脱毛サロンみたいだったし、参考になるんじゃないかなって思います。

脱毛サロンに通うべきか、それともクリニックに通うべきか?

タイトルに関してなのですが、この悩みというか、この二つの選択肢で良く迷ってしまっている人を見かけます。というか、そもそもの話、この二つの違いについてあまり理解していないって感じの人も多く見かけますね。

社会的な位置づけとしてはクリニックは医療機関で、脱毛サロンは非医療機関って扱いなのですが、具体的な施術の違いってのはやはり効果とスピードが全然違いますね。やっぱり医療機関で使うレーザー脱毛なんですが、厚生労働省で定められたことによって60ジュールっていうところまで出力することが許されているんですよね。しかし、ながら脱毛サロンのフラッシュ脱毛は法律で30ジュールまでと定められています。

なので、効果を見てあげても格段にクリニックのレーザー脱毛の方が早いです。機関的には恐らく2倍程違いますね。ただ、じゃあ脱毛サロンは完全に駄目なのかと言われるとそうでもありません。脱毛サロンのメリットと言えばとにかく料金が安いことです。料金的にはクリニックの施術料金と比べると3倍~4倍は変わってきます。

なので、結論を言ってしまえば、脱毛できるまでの早さを求めるのであればクリニック、安さを考えるのであれば脱毛サロン、ざっくりですがこのような感じで両者を選んであげたらいいと思います。

ムダ毛を自己処理するときの注意点とデメリット

脱毛サロンやクリニックが沢山できてきた今の時代ですが、こんな時代になっても尚脱毛サロンやクリニックに通わず一人もくもくと自己処理しているって人も多いです。それで今回は自己処理の注意点とデメリットについて書いていこうと思いますが、やはり自己処理はやめた方がいいですよね。

そもそも自己処理のような生えてきた毛を抜くって行為は、自然の現象に反した行為をしているため、やっぱりそれによって受けるダメージってものは無視できません。では、ムダ毛を自己処理したときに起こってくることなんですが、結局のところ、毛根に傷がはいったりしてしまうので、そこから雑菌が入ると「毛囊炎」や「おでき」になる可能性があります。

それにムダ毛を抜いたときに出来た毛穴って穴がポッカリ開いてしまっている状態なので、この穴を埋めようと周囲の皮膚が修復してしまうと、中に残っている毛が毛穴から出れず皮膚の下で成長することになるんですよね。これが所謂「埋没毛」っていうもので、周囲の人から見たときに黒いブツブツとして見えてしまいます。

やはりこういったことを避けるためにも、ムダ毛の自己処理はできるだけ避けて、脱毛サロンやクリニックでしっかりプロのエステシャンに脱毛してもらうってのが一番だと思いますね。